のぼるおんなは今日もめんどう。

2017年から登山をはじめた、こじらせ会社員女性が、山行で余計にこじらせた思考を記録します。

【その他】型落ちに恋して、セールを愛して。ギア沼にはまりゆく半年

ちょうど1か月、山に登っていない。これは忌々しき事態である。体力は格段に落ちているだろうし、そろそろ休日に早起きできなくなってきている。

なぜ登っていないか、それは花粉症のせいです。もうどうにもならないほどくしゃみと鼻水が止まらない。病院でもらった薬は効くけどまったく体に合わず、眠気を通り越してずっとラリっているような状態。仕事もままならん。スギだらけの奥多摩なんかこわすぎる。

というわけでおとなしくしていたのですが、ここまで登っていないと、いろいろと恋しくなる。家で登山ウェアを着てみたり、メスティンで料理してみたりと、なにかと「山っぽさ」を意識して生活しております。

 

なので今日はギアのことを書きたいと思います。この半年の経済的打撃をつれづれと。共感するもよし、軽蔑するもよし!

--------------------------------------------------------------------------------- 

 

最初に買ったギアは登山靴(キャラバン)、ウェアはレインウェア(ノースフェイス)でした。ほんで、その次はザックです。

www.karrimor.jp

カリマーの、セクター25氏でございます。

このザックを買ったときは初登山直後で、「これから登山を趣味にしたいけど、そんな毎週行くほどがっつりするわけじゃないから、普段使いもできるデザインにしよーっと♪」みたいな女子っぽい基準で選びましたが、驚くほど毎週行くようになってしまったので、今ではすこーしだけ後悔しています。冬の低山には25Lは小さかったり、腰ベルトがもう少ししっかりしていたらなー、とか。雨蓋ほしいなー、とかとか。

にしても夏の低山にはぴったりのサイズですし(でも冬の低山でも使うようにしていたら、少しパッキングがうまくなったかも)、なにより通勤にずっと使っています。雑誌やら本やらたくさん入りますし、宿泊出張にも使えました。色も黒にしたのでなんやかんや使いやすいです。そして、これが唯一定価で買ったザックです。

 

そこから定価じゃないザックを2つ買いました。宿泊用ザックです。グレゴリーアンバー44ちゃんと、グレゴリーディバ70ちゃんです!!

f:id:catherine0082:20180320131356j:image

←ディバちゃん アンバーちゃん→

アンバー44ちゃんは、初のテン泊登山のときに買いました(テントはいつもの仲間がかついでくれた)。カリマーのリッジ40とミレーのサースフェー38、どちらにするか悩みに悩んでいたところ、まったく想定外のダークフォースとして現れたのがこいつでした。

さすがザック界のロールスロイス、グレゴリー。体にフィットしますし、収納や使い勝手もすごく気に入ってます。44Lというのが結構便利で、冬の小屋泊(丹沢)もこいつで行きました。水場のない丹沢なので水を多めに担ぎましたが、無理なくいけました。

そして、マイテントを購入したあとに買ったのが、ディバ70ちゃん。まだ実戦では使っていないので、早く使いたいのです!!

 

ディバを買う羽目になった理由は、テントを買ったから。テントは…欲しかったこれを買ったのでした。

www.mountainhardwear.jp

いんやーめちゃくちゃかっこいいんですよ。マウンテンハードウェアのゴーストスカイ2くんです。デザインがかっこいいですよね。どツボの白いフライシート!

f:id:catherine0082:20180320131455j:image

多摩川沿いで建てる練習したとき。

これは、友人がMHWファミリーセールでハードシェルがほしいと言っていたので、買わせてやろうと私もついていったんですよ。そしたら帰るときには私がテントを持っていたんです。ちなみに友人はフリースベストだけ買っていました。あれ?

しかし友人のおかげで定価より2万円近く安く買えました。帰りにテント購入記念で飲みにいったけど。あれ?

早くディバちゃんに入れて山中まで運びたいものです。なんていったって重量が1.6kgと軽いので!ほんっとーに使うのが楽しみです。

 

話は変わるようで変わらないのですが、私の職場は、アウトドアショップの聖地、東京・神保町です。転職してもうすぐ1年半なのですが、ここに職場がなかったら、私はここまで山にハマっていなかったと思います。ちなみにセクター25氏、アンバー44ちゃんは昼休みに買いました。

昼休みに買ったシリーズ、いちばん金額が大きかったのはシュラフかなと。

www.hcsafe.co.jp

会社からいちばん近いのが、さかいやスポーツのエコー館。そこに置いているプロモンテのシュラフなぜか常時30%OFFなのです。恐らくさかいやさんとの契約の関係なのでしょう。ほかのお店でプロモンテのシュラフ自体そんなに見ない。

大体シュラフといったらモンベルかナンガだろうと思い、そのふたつに絞って時間をかけて悩んでいたのですが、さかいやでこれを見つけて即決。モンベルで同じスペック相当のものを買ったら+3~5,000円くらいかな。ちなみにほかのメーカーとのスペック比較表もお店に置いてあり、かなりわかりやすい。

 

というかですね、さかいやスポーツ最高ですよ。店員さんのレベルが違います。

www.sakaiya.com

アンバーちゃんを買ったのはさかいやさんだったのですが、デザインが気に入ったほかのザックを試着したい、と言ったら「うーん、体に絶対合わないから背負わなくていいですよ」と。最高じゃないですか。ちなみにほかのお店で、安いからという理由で同じザックをおすすめされてたんですよ。実際に背負うと背面長が全く合わない。見て大体わかるそうです。感服っす!

というわけで、「いいギアとの出会い」は「いい店員との出会い」とほぼ同義だと思っております。なので必然的にさかいやさんでの買い物が多いです。

 

新宿の好日山荘でも、いい店員さんと出会い、いいギアにめぐり合えました。2代目の靴です。

www.kojitusanso.com

靴は、ザンバラン・シェルパプロのデザインが好きだったので、それにしたいなーとぼんやり思っていたのですが、店員さんが「もっといろいろ履いて、自分に合う”履き味”を見つけないと」と言ってくれ、2~3時間つきっきりで試着させまくってくれました。その結果、「これやー!!!!!」と確信できたのがサレワたんでした。

全くノーマーク、存在さえ知らなかったのですが、まさにシンデレラフィット。”履き味”という言葉、本当に心の底から理解できた気分でした。セミワンタッチアイゼンがつけられる爪がついているので、もう少しステップアップしてもサレワたんと登れそう!今はまだまだ慣らし中です。

 

--------------------------------------------------------------------------------- 

まーだーまーだー、私の経済状況を脅かした出費はたくさんありますが(また書きたい)、そのほとんどが、型落ち or セール。そうでもしないと絶対続けられません。だから、仕事帰りや昼休みにお店を巡回。神保町のセール事情は結構くわしいと思います。私っぽい人がいたら声かけてほしい。めんどうなおんなですが友達になってください。

 

さて。本格的な登山シーズンに入ったら、この1年足らずで財布の紐をゆるめまくってゲットしたギアでどこにいくか。もうだいたい決めてあります。楽しみすぎる。

 

型落ちに、セールに恋して沼に溺れるのも、山を愛するゆえということで…

ああ、登りたい。

【丹沢・三ノ塔】おやまさんとおうまさん。ハードなダブルブッキング山行

友人に更新頻度の低下を指摘されたので書きます。反省。(その友人とは先週3回飲みに行きました。更新頻度高すぎ)

 

2018年2月18日、丹沢の三ノ塔(1,205m)へ登ってきました。

三ノ塔といえば、ヤビツ峠から塔ノ岳へ向かう表尾根のちょうど中間地点という感じでしょうか。なのであまり「山」というより「通過点」と認識されている気がするのですが、展望もよく、山頂も広いのでとっても好きです。

 

今回、塔ノ岳に行かず三ノ塔までで下山したのには理由があります。それは、「下山後、東京競馬場フェブラリーステークスを観戦するため」。

 

わたしは福岡県北九州市の某大学を卒業しているのですが、その母校の目の前に小倉競馬場がありました。で、在学中に『女子大生のための競馬講座』という、JRA主催の頭おかしいイベントに参加したことがきっかけで、今に至るまでお遊び程度の競馬をやるようになりました。そのイベントではイケメン騎手にサインをもらったり、ターフィくんのぬいぐるみをもらったり、なかなかに女心をくすぐられた記憶があります。

 

ソロ山行のちG1観戦。登山も競馬も勝ちたいものです。

【コース】

大体コースタイム0.8〜0.9かと。競馬のために巻きました。

(バス)秦野駅⇒ヤビツ峠⇒寺山富士見公衆トイレ⇒二ノ塔⇒三ノ塔⇒二ノ塔⇒菩提峠⇒葛葉の泉⇒菩提バス停⇒(バス)秦野駅

参考:秦野市観光協会-表丹沢登山ガイド:三ノ塔への道

 

秦野駅からヤビツ峠に向かうバスは、いつも満席で座れないイメージですが、この日は人も少なく座れました。寒いからか、雪が残っているからか。

ヤビツ峠から登山口に向かい、登り始めるとどんどん人に抜かれる。ヤビツから登るときは大体そうです。特にこの時期は健脚さんが多いのでしょう。まだまだひよっこや!

 

天気は良好。街までしっかり見えます。丹沢は街が見えるから好きだと母親に話したら、「山に行ってんのにわざわざ街見るの悲しくない?」と言われました。価値観の不一致。

f:id:catherine0082:20180318090758j:image

雪も結構残っていました。わたしは軽アイゼンをつけていましたが、わたしを追い抜いた健脚さんたちはノーアイゼンでした。たしかにアイゼンは役不足感あった。

f:id:catherine0082:20180318090658j:image

丹沢の木の階段もこんな感じに。

f:id:catherine0082:20180318091106j:image

二ノ塔あたりだったかな?富士がくっきり。「富士がしっかり見えたらフェブラリーステークスに勝てる」と思っていたので、勝利が確信めいたものに変わってきました。

f:id:catherine0082:20180318091434j:image

 

ヤビツ峠から三ノ塔まで、2時間ちょっとで到着!アップダウンがなかなかきつく体力不足を痛感。しかし良き展望!隆々の山脈ラブ。あー丹沢だいすき。

f:id:catherine0082:20180318091837j:image

飛行機雲も見えたよ。

f:id:catherine0082:20180318091955j:image

まだ朝の10時過ぎですが、ご飯を食べます。いつもは袋ラーメンですが、今日は冷蔵庫にたくさんあった残り物でリゾットです。トマト、ナス、ひき肉、豆、等々。豆乳とナンプラーでまろやかエスニックな感じを目指しました。

f:id:catherine0082:20180318092514j:image

結構おいしかったのに、おいしそうに見えないよね、リゾットって。おいしかったのよ。ほんとに。

この後コッヘルでコーヒー用のお湯を沸かしているときに、火でコッヘルの持ち手のゴムをどろどろに溶かしてしまいパニック。家で後日溶けた部分をカットしました。

 

さて、なんだかんだ1時間くらい休憩して下山。下山時の木の板ラブ。

f:id:catherine0082:20180318093155j:image

富士の展望はすぐに見えなくなって、樹林帯を黙々と下山しました。最後の富士は雲がかかってしまった。なにかを暗示しておるのか…

f:id:catherine0082:20180318093525j:image

 

下山完了し、秦野駅にバスで向かう。ちなみに菩提峠から降りるのは初めてでしたが全くおすすめしません。下山してからバス停まで徒歩40分かかりました。大倉へ降りる方がいい気がします。

秦野駅から登戸駅まで小田急線で移動し、南武線に乗り換え府中本町までダッシュ。馬券は移動中にネットで購入します。

 

なんかね、当たる気がしていたんですよ。いつもは登山優先で、競馬には誘われても行かないことが多いんですけど、今回のフェブラリーは予感が違ったので無理に登山とダブルブッキングさせたってわけっ!!

 

さて着きました。パドックも客席も超満員。さすがG1!わたしはパドック前ベンチで下山後のタンパク質を補給します(からあげ)。ガチ登山装備で競馬場にくることになるとは…

f:id:catherine0082:20180318094532j:image

パドックに夢中で連絡がとれなかった仲間とも無事合流でき、いよいよ本番。

f:id:catherine0082:20180318095544j:image

こんな群衆の中でも登山ウェアが目立って目印になると仲間に言われました。遭難知らずです。

 

結論、外しました。

三連複で1着のノンコノユメ、3着のインカンテーションは買っていたのですが、なぜか2着のゴールドドリームを外していたんです、1番人気だったのに。インカンテーションなんて6番人気だったのに…。馬券の買い方さえこじれている。

仲間も誰一人として当たりませんでした。というわけで反省会に行きましたとさ。

接客の態度が最高に悪いことがツボに入り、府中の反省会会場として定番になりつつあります。味はほんとにおいしい。いつかは祝勝会やりたいね。

その後なぜかみんなでカラオケ行って解散。ハードな1日でした。

 

「フェブラリー外したことが悔しくて3日は引きずった」と友人に言ったら、「それギャンブルに向いてないよ」とのこと。うんうん、確かに。

いい山。いい飯。いい景色。いい仲間。それでいいのさ!!

っていうかソロ登山後ダッシュで競馬場行くって年頃の女性的にはなかなか問題行動なのでは。

 

…来週は高松宮記念。どこ登ってから行こうかな。

【その他】登りたい、食べたい、登りたい。山と食事の関係

山と食事の関係はこんなにも深いのか、と、山に登り始めて初めて知った。「どこに登る?」のあとに「何食べる?」と会話するのが結構普通のことだ。

山頂で食べるものはもちろん、下山してから何を食べるのかや、行動中に何を食べるのか、などなど、「食べること」についてたくさん考えなくてはならない。元々食べることが大好きだったから、この文化が楽しくて、それもあって山にはまったのだと思う。

山を登る友人たちの食事スタイルもいろいろで、ある友人は低山日帰りなのに70Lのザックを背負いガチの良肉でガチのすき焼きをしたりするらしい。また別の友人は登山中の食事が面倒らしく、小魚だけひたすら食べて一日を終えることがあるらしい。どんなスタイルでも、生きるために、動くために、歩くために、食事は絶対に必要で、山に登る限り考え続けなくてはならない。

 

というわけで、なんだか、自分の「山と食事」を振り返ってみたくなった。今週は山に登っていないから、どんなことでもいいから山に思いを馳せたいのです。参考にもならないと思いますが、面白がってもらえたらうれしいな。

日帰り登山を想定して、時系列で食事を振り返ってみました。

----------------------------------

 

まず、5時起床。起床してすぐにやることは、お米を研ぐこと。わたし、ご飯が好きなんです。パンよりも絶対お米派。パンを食べたくなるときは、女性特有の月の周期で味覚が変わっているときか、仕事が忙しすぎて精神状態が崩壊しているときのみです。二日酔いのときもたまに食べたくなる。というわけで、通常時はお米が好きです。

で、1合お米を炊きます。変なこだわりなんですが、炊飯器ではなく鍋で炊きます。ちなみにこれは平日も同じことを毎朝しています。

炊いている間に歯を磨いたり顔を洗ったり着替えたり。炊き上がったら、1合すべてをおにぎりにします。3個作れます。具はそのときの気分によって変わりますが、かつおぶしにしょうゆとごま油を混ぜる特製おかかがお気に入り。特製とかいうの照れる。やめよう。

おにぎりは、1個家で食べ、1個バスor電車待ち中に食べ、1個は登る直前に食べます。とにかくエネルギーをつけたいから炭水化物をたくさん食べます。

ヤビツ峠行きのバス待ちで。

f:id:catherine0082:20180204225627j:image

これは雑穀玄米おにぎり。登山には白米ですね。失敗でした。

f:id:catherine0082:20180204225647j:image

 

しかし、登る直前の最後の1個はたいてい食べられない、満腹で。そんなときは無理はせず、昼か下山後に食べます。しかしどれだけ満腹でも、登山開始前のこれだけは欠かさない。

www.ajinomoto.co.jp

なんか「それっぽい」だけで続けているアミノバイタル習慣。違いとか、全然わかりませんが、かっこいいから続けます。ちなみにアキレス腱伸ばしながら飲んでます。かっこいいっしょ。近所のドラッグストアで120円くらいで買えるのもうれしい。

さて、登り始めたら、あめやグミなどをちょこちょこ食べながら登ります。最近ハマっているのはこれ。

item.rakuten.co.jp

なめればわかる、ザッツはちみつ。想像通りのはちみつの味がします。しびれるような甘さに、めまいすら覚えます。エネルギー補給がてっとり早くていいんです。ただ、ちょっとなめすぎて、血糖値が上がりすぎたようで、一度ものすごいシャリバテをしてしまいました。付き合い方を模索中です。低GIバージョンもあるようなので今度買ってみようと思います。

そんなこんなで、ある日の行動食を撮影してみました。

f:id:catherine0082:20180204225709j:image

これは丹沢に泊まりで行ったときです。コープのトレイルミックス、すごくよかったです。本当におすすめ。おいしいんですよ。たまに家でもワイン飲みながら食べます。

 

お昼ご飯は大体コッヘルで袋ラーメンを作って食べます。乾燥野菜やうすもちを入れます。あと、マンガ「山と食欲と私」の第二話のまねっこをして、ソーセージを入れることも多い。

www.kurage-bunch.com

お気に入りのラーメンはこれ。

www.itomen.com

私のふるさと岡山県のおとなり、兵庫県たつの市のご当地ラーメンらしい。小さな頃から当たり前のように食べていたから、地方にしかないと聞いて驚いた。

スープは薄味のしおで、すごくさっぱりしています。袋ラーメン界の中で、この麺がいちばん好き。少し細めで、つるっとしている(気がする)。そして、これにラー油を入れるのが大好きなのです!すごく合うんです。関東には売っていないので、実家から送ってもらっています。恥ずかしながら。みんなに食べてほしいほんとに。

ラーメン以外でいちばんがんばったのは、味噌煮込みうどんですかね。メスティン使うとなんか写真映えしてうれしくなる。これは大月市にある高川山で食べました。ちなみにガスカバーはお母ちゃんの手編み(自慢

f:id:catherine0082:20180204225923j:image

あと、メスティンで炊飯してカレー食べたこともあったな。

f:id:catherine0082:20180204230102j:image

メスティン炊飯は成功率40%くらいなので、修行中です。

 

下山後のご飯は・・・お肉。お肉。お肉!!

ほんっとーに、下山後って肉のことしか考えられなくなる。体がタンパク質を求める様にいつも笑ってしまう。体ってすごい。こういうときに、「体が魂を支えてくれているんだなあ」としみじみと思う。

f:id:catherine0082:20180204230126j:image

これは、仲間と行った本厚木の酔笑苑というお店です。

r.gnavi.co.jp

ホルモン美味しかった~。私の好きな登山ブログでも登場したのを見たことがあるので、きっと丹沢登山の定番打ち上げ会場なのでしょう。

 

もちろんビールも欠かせません。そう、私お酒が好きなんです。でもすごく弱いです。「弱いけど好き」ときちんと言えるまでに10年かかりました。強いふりをしてたくさん飲んで、失敗をしてきて…恥ずかしいですが、今は自分の限界をある程度わかるようになったので、前より楽しく飲めている気がする。

 

私なんてまだまだペーペーハイカーなので、山と食事についてもまだまだ研究中です。しかし、食事が登山の楽しみのひとつであることは間違いない!

ああ、お腹すいた。ちなみにこれを書きながら食べているのは、友人の北海道土産の鮭とばwith黒霧島のお湯割り。去年買ったテントでこれをやるのが夢なんです。

 

ああ、登りたい。食べたい。登りたい。

 

 

【奥秩父・乾徳山】妬けるほどモテる山、納得のイケメンに遊ばれました

 

2017年11月19日、山梨県まで足を運び、乾徳山に行ってきました。

 

知り合いや、愛読している登山ブログなどで、頻繁に「乾徳山はいい」と聞いていました。その度に、「へえ~、まあ、いつかね」と流していました。ひどいときには「私の好きなタイプじゃないと思う」とか言いました。

 

乾徳山、というと、岩場・鎖場・縄場のオンパレードで、そこにたどりつくまでには樹林帯はもちろん、草原まであって、しかも富士の展望はバツグン!なんていうじゃないですか。

スターやんけ。

そう、これはただの嫉妬なのです。ずっとクラスでは目立たない方でしたし、モテたことなんてないので、こんなスター性のある乾徳山をひがんでおったのです。しかも乾徳山をすすめてくる人ってなんかチャラい感じの人多い気がする(失礼

「わたし、ゆっくり稜線歩くのが好きだから」

「まあ車持っていないし、電車じゃコースタイムちょっと厳しいよね」

常套句でした。ああ醜い。醜いぞ。

 

あとみんなが好きっていうものを好きっていいたくない、っていうベタな病気なんですよ。最近だとsuchmosすごい流行ってるじゃないですか。すごい聴きたくなくて。でもヴェゼルのCM流れたらキッチンにいてもテレビの前まで行っちゃう、みたいな。はい後日しっかりアルバム聴きましたすみません。

 

そんな醜い心の私がなぜ乾徳山に登ったかというと、きっかけはいつもの仲間と登った瑞牆・金峰山。岩によじのぼっていく感覚が忘れられず、プライドをかなぐり捨てて車を持っている友人に連絡。「乾徳山、連れていって!」ちなみにその友人は私にいちばん乾徳山をすすめていたチャラい奴です。

 

出発前日、友人に「軽アイゼン買っときなよ」と言われ、新宿のモンベルへ。「あの、明日乾徳山に行くのですが…」と店員さんに言った瞬間…

「いいですねえ!乾徳山!楽しいですよ!僕も大好きです!」

マジでどこでもモテる乾徳山。そのお兄さんのアドバイス通り、6本爪のこちらを購入。つけやすさ重視で選んだけどちょっと持ち運びがかさばるかな。もうちょっとコンパクトになるチェーンスパイクでもよかったのかも。

webshop.montbell.jp

先日、都心で23cmも記録する積雪がありましたので、その際の出勤時に大活躍しました。その前日には戸隠神社スノーハイクでも大活躍。あら?まだ山で使っていない。はやく使いたいです。

 

さて、当日。3時起き4時出発で山梨へ!あんまり車で行くことがないので、楽ちんで最高です。友人よ、チャラいとか言ってごめん。電車でも行けるようですが、やっぱり時間的余裕がないようです。

 

【コース】

ピストンに気乗りしないので、下山の道は変えてもらいました。恐らく最もスタンダードなコースです。

登山口⇒駒止⇒銀晶水⇒国師ヶ原⇒月見岩⇒扇平⇒乾徳山山頂⇒高原ヒュッテ⇒道満山⇒徳和峠⇒登山口

時間管理は人まかせだったので、タイムはわかりません。概ねコースタイムくらいだったと言っていたような。

 

この日は快晴!少し気温は低かったですが、動いていると汗が出ます。紅葉は終わりが近かった。

 

まず結論から言いましょう。

乾徳山は、岩場・鎖場・縄場のオンパレードで、そこにたどりつくまでには樹林帯はもちろん、草原まであって、しかも富士の展望もバツグンの最高の山でした。

結局、私は、イケメンが好きなんですよ。ガリガリな人よりぽっちゃりな人が好き、とか、少々ハゲてても大丈夫とか、そんな事言っても、最近気になるのは菅田将暉ですよ。ずっと好きなのは玉木宏ですよ。

 

イケメンポイント1、草原!

こういう景色って、登山していてもあまり見られないなと思い、結構感動しました。

f:id:catherine0082:20180126222629j:image

 紅葉はもうほとんど終わっていました。

 f:id:catherine0082:20180126223238j:image

 

イケメンポイント2、絶景!

この日は快晴だったので、富士山やその他山脈がくっきり見えたのですが、それがまたいいこと。しっかりポイントおさえてきます。

f:id:catherine0082:20180126222744j:image

 わたし。たそがれる。イケメンにいだかれる。これは月見岩の上です。

f:id:catherine0082:20180126222806j:image

 

イケメンポイント3、岩!

乾徳山といえばこれですよね、きっと。最後のほぼ垂直に見える岩は迂回路もありますが、挑戦しましたよ。鎖をしっかり使えば意外とすんなりいけました。帰りは降りなかったけど…。ちなみに写真の登っている人は知らない人です。

f:id:catherine0082:20180126222823j:image

 

そして山頂に着くと…

でーん。

f:id:catherine0082:20180126222837j:image

 富士と町と岩。

f:id:catherine0082:20180126223451j:image

すごいぞ乾徳山。どこまでも楽しませてくれる。ちなみに写真を撮っているのも知らない人です。

 

このあと、下山途中にある避難小屋でお昼ご飯のラーメンを食べて下山。なつかしき九州の味・棒ラーメンをメスティンで。

f:id:catherine0082:20180126222919j:image

下山後は温泉に入って東京に帰りました。渋滞に巻き込まれて大変だったなあ。荻窪で焼肉食べたなあ。「渋滞」「荻窪」「焼肉」というワードも、いつもの暗いソロ登山とは違うリア充感を漂わせている。

 

私の恋愛パターンとして、「最初は印象が悪かったけど、知れば知るほどいいところが見えてきて、結果的に私が夢中になっている」ということが多いのですが、まさに乾徳山はそんな感じ。最後なんてきゃっきゃ言ってたからね。私。

 

きっと乾徳山は、難易度別にプロットされると「中級者向け」の山なんだと思う。けど、こんなにてっとり早く山の楽しさが知れる山はないと思うので、登山に巻き込みたい人が近くにいるなら、いっしょに行くことを勧めたい。

 

いつものめんどうなこじらせた思考はどこへやら。シンプルに山遊びを楽しんだ1日となりました。やはりこのめんどうな思考から脱却するには、キラキライケメンに遊ばれるほかないのだ!乾徳山的なイケメンはどこかにおりませんかねえ。

ただし山のように動かないひとはいやよ。私にもかまってほしい。(めんどう)

【丹沢主稜縦走】初の単独宿泊、すべて背負って進むしかない。

2017年12月2~3日で、丹沢主稜縦走に行ってきました。単独で初の泊まり登山です。

 

突然ですが、私はGRAPEVINEというバンドが大好きです。

30代後半の男性にそう言うと、リアクションは「なつかし~!」の一択です。

1997年デビュー、去年は20周年イヤーでした。

GRAPEVINE - Wikipedia

 

丹沢縦走出発前日の12月1日夜、同じくバイン好きの友人と(注:私の年代でバイン好きの友人はかなりレア、本当に貴重な友人です)GRAPEVINE20周年ツアー最終日@東京国際フォーラムに参戦してきました。

ただただ最高のライブでした。20周年とて、ベスト盤的セットリストにすることもなく、新アルバム中心の選曲。攻めの姿勢と円熟したパフォーマンスにしびれました。ボーカルの田中さんの色気、すんごいんですよ。田中さんに遊ばれたい。

その上、古いファンも喜ぶ昔の曲もちらほらやってくれました。

ものっっっすごいよかったのが、この曲です。

www.youtube.com

田中さんの書く詞は、どの曲もひねくれていて、でもすごく本質的でもあって。いつ聴いても少し傷つけられて。GRAPEVINE最大の魅力のひとつは、田中さんの詞にあります。

 

Our Songより。

期待をして 身を乗りだして すれちがいまくって

昨日のツケ忘れたフリして 明日へ向かうって

言い訳してるだけ

「明日」という言葉に内包される、ひたすらに前向きな温度。それですべて許されるようなひたむきさ。確かに「明日」というのはマジックワードです。「次」とか「未来」も同じような温度を持っていると思います。

でも、そのマジックワードに隠れた昨日は、過去は、どうだったのか。前に進むことで、全部なかったことにしようとしていないか。

 

ああ…。一回死んでもいいですか…。

 

話は戻りまして丹沢主稜。1週間前からコース決めや持ち物準備に大奮闘。その時間もまた楽しかったです。

【コース】

どうしても大倉ではなくヤビツ峠からの表尾根を歩きたくて、最もロングなコースを選んでしまいました。きつかった~!

(しかも出発前日、バインのライブのあと終電まで飲んでたっていう)

 

■1日目

8:00ヤビツ峠⇒9:50三ノ塔⇒10:22烏尾山山頂⇒10:47行者ヶ岳山頂⇒11:37新大日⇒12:20塔ノ岳山頂(休憩25分)⇒13:30竜ヶ馬場⇒14:05丹沢山山頂⇒15:00棚沢の頭⇒15:55蛭ヶ岳山頂、蛭ヶ岳山荘泊

■2日目

7:00蛭ヶ岳山荘⇒8:20臼ヶ岳山頂⇒9:10金山谷乗越⇒10:25檜洞丸山頂(休憩45分)⇒12:15展望園地⇒12:50ゴーラ沢出合い⇒13:40西丹沢ビジターセンター

 

約35km。ソーハード。週末だけでこんな大縦走ができるのも、都心に近い丹沢ゆえかと思います。1日目は大体コースタイム通り、2日目はすこし巻けました。

 

歩き始めると…展望のいい表尾根が歩きたくてハードコースにしたのに、

f:id:catherine0082:20180117214858j:plain

ハイパーガス。

なんだこれ…。しかも塔ノ岳までは人が多く、鎖場付近では渋滞も発生。

f:id:catherine0082:20180117215511j:plain

しかしガスでも表尾根の稜線はやっぱり最高。

 

塔ノ岳山頂に着いてもガスが晴れることはなく、ここで引き返して日帰りにしようかと検討したほどでした。山頂の寒いこと寒いこと。

f:id:catherine0082:20180117215136j:plain

 

しかし荒天なわけでもないので、予定通り丹沢山蛭ヶ岳を目指すことに。これが正解で、ここから先は人が一気に減り、快適登山を楽しめます。

霧氷も出現。誰もいないから、写真撮りまくってキャッキャ騒ぐ。(ガスの中だけど)

f:id:catherine0082:20180117215816j:plain

桜のよう。

f:id:catherine0082:20180117214958j:plain

躍動。

 

丹沢山から蛭ヶ岳へ向かう静かな山道を歩いているときも、GRAPEVINEのOur Songが頭から離れませんでした。

立ち止まったんだ 人並みの中

ふいに聴こえたメロディー

君を失くすくらいなら

死んだほうがマシ

山中特有のポエティックモードに拍車をかけるバインちゃん。この歌詞は、「君」をすごく欲しているのではなく、孤独を恐れているんだと思います、私は。意外とこの「君」には代わりにがいるものだと思います。ひとりはいつだって不安です。

 

丹沢山蛭ヶ岳は、登り返しがとにかくきつい。展望があればなんとか頑張れますが、相変わらずガス。しかも寒すぎて、ナルゲンに入れていた水がシャリシャリに凍ってしまいました。道もドロドロ。ゲイター買うことを決意。

 

15:55、なんとか蛭ヶ岳山荘に到着。着いたときには涙出そうでした。

素泊まりでしたので、食事は自炊室にて。

ひとりビールを飲んでいたら知らないおじさんがチーズをくれました。ひとりラーメンを作り出したら知らないおねえさんがワインとチーズをくれました。そんなにチーズ食べたそうな顔してたかな?

こういう山小屋の出会いは本当に楽しいですね。いろんな人とお話できてうれしかったです。

 

蛭ヶ岳山荘名物の夜景も、この日はガスで全然見えず。消灯の20時前に意識を失っていました。ちなみにこの日は布団1枚に2人でしたが、なんと私はソロハイカーなので1人で1枚使っていいよとのこと!こんなラッキーは、この先もきっとないでしょう。おかげでゆっくり寝られました。

 

翌朝、5時起床。どこからか「夜景きれいに見えるよ」という声が聞こえて急いで外に行きます。

f:id:catherine0082:20180117220106j:plain

あんまり見えませんが、生で見るとすごかったんです。これが、東京・・・すごいところにきたもんだ。

昨日のガスは、すべて雲海に変わっていました。目の前で雲海を見るのは初めてで…もう涙腺がこわれかけ。

f:id:catherine0082:20180117220219j:plain

 

そして朝食とだいたいの身支度を済ませ、いよいよご来光待ち。寒い中待った甲斐があり…

f:id:catherine0082:20180117220311j:plain

 

驚くほど自然に、すーっと涙が出ました。

そして、横を向くと朝焼けの富士。笠雲つき。

f:id:catherine0082:20180117220514j:plain

 

雲海も赤い。

f:id:catherine0082:20180117221058j:image

もう、ダメです。ごめんなさい。このあたりから涙が止まらないのです。

 

私は確かに、この光景に「明日」を感じたのです。

ここからは、何に後ろ髪を引かれても、前に進むしかない、全部背負って明日に行くしかない、それ以外に選択肢はない。そう思わざるを得ない風景。こんなに揺るがないものがある限り、過去にとらわれることは無意味だ。

ねえ 何が見たくて 全てを欲しがってきたんだっけ

意味などなくて ただそれだけでいいんだよなあ?

どうして涙流してる?

ひとりじゃまるで見えないのが 日常で

相変わらず頭の中はOur Songしか流れません。振り返るのも、前に進むのも、ひとりじゃどうしていいかわからないから、意味などなくても、山に登るのかも知れません。

 

ひとしきり泣いたあとは、下山!ここから檜洞丸を経由して、西丹沢ビジターセンターまで帰ります。

昨日とは打って変わって、大快晴!大勝利です。

f:id:catherine0082:20180117221137j:image

ずっと富士が見守ってくれています。

f:id:catherine0082:20180117221218j:image

檜洞丸前でシャリバテし、予定外の昼食を。再びラーメンでした。そこから一気に下山。昼食をはさみましたが概ね予定通りの時間に西丹沢ビジターセンター到着。安心。

 

西丹沢ビジターセンター~新松田駅までのバスではもちろん、Our Songを聴いていました。ありがとうGRAPEVINE。おかげでがんばれました。

 

新松田から小田急線で自宅最寄りに着き、一目散に近くの焼肉屋へ。体が肉不足じゃ〜!!!!

r.gnavi.co.jp

三頭山に登った仲間おすすめの店です。ちなみに28歳を超えてからひとり焼肉に何も感じなくなりました。名物ホルモンぷりぷり!安いしまた行く。

 

すれ違う登山者は、何を考えながら登っているのだろう。

私は、たいてい過去のことを思い出しています。あのとき言ってしまったひどい言葉や、底なしに笑った友達との会話。思い出したくないことまで頭をよぎって座り込みたくなることもあります。

でもやっぱり前に進むしか、明日を待つしかない。ただし、全部背負って。立ち止まってもいいけど、きっと生きているだけですでに退路を絶たれているのです。

丹沢には、とびきり美しい「明日」がありました。日の出とともに赤く焼ける富士と雲海、足元には輝く樹氷。たまには(特に日曜の夜)いやになる「明日」、少し好きになれるかも知れません。

 

きっと明日は筋肉痛。うん、これも背負うべき昨日。

明日もがんばろう。

【奥多摩・三頭山】新ジャンルの人間関係『登山仲間』を山コムで見つけました

少しさかのぼり、2017年8月5日。奥多摩の三頭山(標高1,531m)に行ってきました。

 

まだ登山を始めて間もなく、ギアも十分に揃っていないとき。

レベルアップしたいけど、単独じゃこわいし、登山仲間ほしいな…と思案しているとき、ネットで山仲間をみつけるサイト「山コム」で見た募集に返信をし、そこで集まった人たちと登ることになりました。

www.yamajouhou.com

登山に特化したmixiみたいなものかな。始めたての勢いってすごい。

 

当日、それはそれはとにかく緊張しましたが、友人からの「変な人だったらトイレに行くふりして帰りなよ」というアドバイスを胸に集合場所の武蔵五日市駅へ。

結果的に、きっとこれからの登山人生でもかなり重要な仲間を手に入れることとなりました。

 

【ルート】

武蔵五日市駅から都民の森バス停まで行きました。

都民の森入口⇒森林館⇒三頭ノ大滝⇒三頭山山頂⇒鞘口峠⇒森林館⇒都民の森入口

少し前になるのでタイムは覚えていません。

 

集合時間の30分前に到着し、トイレを済ませたり、いつもは書かない眉毛を書いたり…(基本夏山は大汗をかくのですっぴんです)

その日武蔵五日市駅でいちばんソワソワしていた女性は私です。

 

事前の連絡はLINEでした。呼びかけてくださったSさん(30代・男性)がグループを作ってくださり、そこで集合時間や場所、計画の共有を。当日朝、女性がひとり体調不良で来られなくなり、男2・女2、計4人の山行となりました。

 

さて、いよいよ集合。

今更ですが、わたし、めちゃくちゃな人見知りです。できれば誰とも知り合いになりたくないくらいです。病的な人見知りなんです。本当に、昔から。

※余談ですが…人見知りには大きく2種類あります。「完全に人とのコミュニケーションを遮断しにかかるタイプ」か「道化になって本質的なコミュニケーションを避けるタイプ」か。私は後者です。

 

メンバーは、Sさん、Iさん(年齢非公開・女性)、Hさん(30代・男性)。みんなほんまに美男美女。高まる。

自己紹介をしたり、今までの山行や登山歴を話したりと、これから始まる登山へのイントロが粛々と進んでゆく。

正直、たぶん全員緊張している。そりゃあそうだ、ここまで超絶初対面の人たちが突然集まることはあまりないだろう。しかも、これから数時間かけてともに山に登るのだ。ううむ、どうしたものか。ぎこちなく会話が進んでいく。

 

武蔵五日市駅から登山口である都民の森までゆくバス、これがなかなかに長い。1時間以上かかります。

しかも緊張しているからか、なんか会話が男女で別れてしまった。まあ、仕方ないか、こんなもんか…。しかも途中でうとうとしてしまい、そのまま眠りに落ちるという感じ悪い初歩的ミスを犯してしまった。

 

登山開始後は、Sさん・Iさん・わたし・Hさんの順の隊列。

ちなみにSさんは毎年富士登山常連、Iさんは屋久島の山小屋で住み込み勤務の経験あり、Hさんは幼少期からご両親との登山経験多数と、玄人ぞろい。私は登山開始から2か月目のペーペーだったので、実力差もかなり不安でした。

登り始めると会話も少しずつ弾み、お互いのプロフィールも見えてきました。私は主に後ろにいるHさんと話していたかな。福岡までおしゃれフェス「Circle」に参戦しにいったそうな。福岡時代は憧れつつも行ったことがないCircle。いいなあ。

途中滝が見られました。結構な落差で迫力があります。

f:id:catherine0082:20180115125558j:image

 お花もきれい。ヤマユリですね。

f:id:catherine0082:20180115125631j:image

 

山頂について、お昼ご飯タイム。それぞれコンビニ飯を持ってきました。

あいにくかなりガスっていて展望はなかったですが、お菓子をお裾分けしあったりと、最初よりは打ち解けた感じ。Sさんが撮ろう!と言ってくれて集合写真も撮りました。

 

下山中、初心者の私にはすこしペースが早く、足が回らなくなり、尻もちをついてしまいました。なんともビギナーっぽい。するとHさんが

「休憩しましょ!バテてます」

と呼びかけてくれました。このことをすごくよく覚えています。

嬉しかったのです。自分でも気づかなかった「バテ」、仲間がいたら気づいてもらえて、しかも励ましてくれて…

仲間ってええやん…

下山完了まで、ギアの話や体力づくりの話など、いろいろ勉強させてもらいました。

ちなみにHさんにはその後、雲取山でもお世話になりました。それはまたおいおい。

 

無事下山完了し、帰りのバスに乗る頃にはすっかり打ち解けた我々。バスは貸切状態でわいわい楽しく話しました。

途中下車し、「数馬の湯」で汗を流すことに。 

spa-kazuma.com

Iさんとお風呂でいろいろ話す。初対面の人とお風呂入るなんて初めてかも。楽しい…。人見知りにいちばん効くのはお風呂です。

お風呂後、みんなで食堂で軽く飲んでさらに距離を縮めました。軽くといいつつ結構飲んでしまい、喋りすぎて反省。。いつもこうなんだよ!!わ・た・し!!!

するとSさんが

「さっき男湯で話してたんだけど、もしよかったらこのメンツで雲取山行かない?」

とな。

いぐいぐいぐいぐ!!!!!

こうして、新しい仲間と、人生初の泊まり登山が決定したのです。

 

この勢いで、みんなで八王子でやっているお祭りに寄って帰ることに。

www.hachiojimatsuri.jp

なんだか思ったより賑やかで、人も多くてテンションぶち上げ!(キャラ変)またビール飲んだし。

f:id:catherine0082:20180115125646j:image

 

なんとも濃い1日で、家に帰ってすぐパッタリと寝てしまいましたとさ。

 

結論。登山仲間って最高!

 

代表的なメリットとして

・単独じゃ不安な山にも挑戦できる

・交通費や荷物が分けあえる

・ギアなどの情報交換ができる

というのが挙げられるかと思いますが、私はなにより「『登山仲間』という新しいジャンルの人間関係」が好きなんです。

この4人の仕事はバラバラで、年齢も同世代ではあるけどそれぞれ。プライベートのこともよく知らないし、わかっていることは、みんな登山が好き、ということだけ。

私にはその距離感がちょうどよかったんです。会社の人と行くのは気を遣うし、元々登山をしない友達を引き込むのもちょっと悪い…でも、登山仲間ならそんなことは気にしなくていい。今までの人間関係では定義できない、新しい関係性だと思うんです。

※もちろん相性もあると思います。たまたま出会った人と相性がよかっただけで、生理的に受け付けない人と出会うこともあるんだと思います。

 

結果的にこのメンツで、半年で5回、山に登りました。そのうち3回は泊まりです。初心者の私が、この短期間でかなり体力がついたのも、みんなのおかげです。この夏はアルプスに誘おうかと画策しています。

 

単独もいいけど、仲間もいいぞ。新ジャンルなら、人見知りでも大丈夫。

 

【丹沢・檜洞丸】苦しみと喜びのバランスがちょうど良い、信頼の丹沢へ

記憶が新しいうちに、気持ちがホットなうちに書きます。

 

2018年1月13日、西丹沢の檜洞丸に日帰りで行ってきました。2018年、2度目の山行です。

約1か月前、単独で初の小屋泊登山を丹沢主稜でやったのですが(これはまたおいおい)、その時に通った山でしたので2回目です。

 

わりと最近知り合った男性が頭から離れず、ここ1週間苦しんでいました。

もちろん、いい方ならオールOKなのですが、そうじゃない。その人のことは詳しくは書きませんが、どの友人にも「そんなやつとは会わない方がいい」と止められるような人です。

だけど、なんか気が合う。というか結構楽しい。

でも冷静な自分は「あいつはやめておけ」と情熱の自分に警鐘を鳴らします。というのも、一昨年振られたあの男にそっくりなのです。

言動や、考え方や、その他もろもろ。兄弟なんじゃないかと思っています。 

※だから惹かれるんだとも思う

 

最初は「思ったよりええ奴やん」くらいだったのに、

ここ数日は、連絡がこなかったら「女とおるんやないか…だったらどうしよう…」とナチュラルに考えるほどに。精神衛生が乱れまくった数日となってしまいました。

これは、恋なのか?それともただの寂しさなのか?

 

なにかを振り払えないかと、コースタイム7時間越えの檜洞丸をチョイス。なまぬるい登山じゃこのモヤモヤには太刀打ちできないと思ったのです。

 

【コース】

西丹沢ビジターセンター(8:50登り開始)⇒ゴーラ沢出合(9:30)⇒つつじ新道⇒檜洞丸山頂(11:22・50分休憩)⇒犬越路避難小屋(13:45)⇒用木沢出合(14:48)⇒西丹沢ビジターセンター(15:20)

コースタイムはおよそ7時間ですが、結果的にコースタイム約0.8でフィニッシュ。ちなみに西丹沢ビジターセンターまでは、小田急新松田駅からバスですが、これがなかなかに長い。

 

丹沢は、「苦しみと喜びのバランスが良い」山域だと思っています。

たとえば塔ノ岳へ向かう表尾根。すごく長い道のりですし、岩場や鎖場など、初心者にはちとハードルの高い難所もちらほら。

ですが、関東にいながらあの稜線を見た瞬間に疲れが吹っ飛ぶ思いは、まさに丹沢の「バランス感覚の良さ」がなせる業だと思います。

 

今回の檜洞丸も同じで、(特に復路)登り返しの多さに笑ってしまうほど。どんどん乳酸がたまり、膝はso laughing。

f:id:catherine0082:20180114214857j:image

しかし整備された木道は「これぞ丹沢」という感じです。本当にこれ作ってくれた人にどうにか御礼を言いたい。

 

f:id:catherine0082:20180114214916j:image

つらい下山中、こんなかわいいものも。うーん、がんばれる。

 

そして、今回も見られましたよ。丹沢の山脈を背後から見守る富士。

f:id:catherine0082:20180114214936j:image

 これが眼前に現れた瞬間、すべてどうでもよくなる。

「あー、ありがとう、丹沢」

私は丹沢にくるたび、感謝を禁じ得ません。

何にいちばん感謝しているかって、小田急線ユーザーなのでそのアクセスの良さなんですけどね。奥多摩にいくより全然楽。

でも多少遠くても 、丹沢にはきっと行くだろうなあ。

 

苦しんでもいい、と腹をくくれるとき。

それは、その苦しみに見合う喜びがあると信じられる時なのではないだろうか。

 

登山口に向かうバスの中からすでに、富士山がくっきりと見えていました。

「うん、今日はキツイ山行だろうけど、いい山行になる。」

始まる前からそう信じられるから、どんな急登も登り返しも乗り越えられた。仕舞にはずっと富士が見守ってくれるような展望。

f:id:catherine0082:20180114215013j:image

 

そういう意味では、丹沢には絶大の信頼を寄せています。

 

わたしは、彼が、信じられるのだろうか?

前回の失恋のときのように、何度傷ついても裏切られても、それでも信じられる何かが、ふたりの間にはあるのだろうか?

 

下山後、バスの時間まで少しあったので、西丹沢ビジターセンター内の暖炉の前で待たせていただくことに。

(ここには山に関する本やマンガなどがたくさんあるので何時間でもいれますよ)

暖炉の前に座ると、ふっ、と緊張が気持ちがゆるんで(山行中は日没にびびってずっと急いでいたから)、

「やーめよっ」

と、自然に思いました。そのまま気になる彼のLINEをブロック。

 

まあ友人に言わせれば大袈裟だということでしたが、今年で齢30、苦しみと喜びのバランスがとれないくらいなら、最初からやめてしまいたいのです。

(ああ…ここでも男性不信が…)

 

見返りが確信できないと苦しむ覚悟ができないなんて、本当に子どもだなあーと我ながら情けないですが、なんだかすっきりした山行でした。

 

帰りは小田急東海大学前駅で一度降り、丹沢帰りによく行く温泉へ。

onsen-sazanka.com

節約と、風呂上りに電車乗りたくないのでしばらく家風呂派だったのですが、この日は体がよく冷えたので久々。そして、これ!さみしくなんかない(棒

f:id:catherine0082:20180114215036j:image

から揚げ定食といっしょにいただきました。登山のあとの鶏肉は麻薬です。

 

檜洞丸は、塔ノ岳や鍋割山などの華やかな、いわゆる「表丹沢」とは違い、奥ゆかしく、ときに厳しく、悠然な佇まいの山だと思います。

富士の展望は絶品。西丹沢ビジターセンターからだと、富士に背を向けて歩くことになりますが、振り返ると常にいる、というのもまた信じられる要素のひとつかと思います。

 

さあ、次はどこに登ろうか。できれば苦しみと喜びのバランスが良い山がいい。その方が、信じられるから。